記事一覧

リン(犬) 成長記 H25.02.12

先日ひきとってきたリンですが、うちに来てから一月が経ちました。早いなー。
保健所(愛護センター)から譲渡されたときにはシツケは一切やってないとのことだったんですが、やはり犬の育成のプロ、これまでのワンちゃんたちと違って基本おとなしい。
最初なんかは環境の変化に戸惑いがかなりあったようですが今では庭を自分のものかのように走り回るまでに至ってます。
引き取る前までは夜は暖房つきの部屋で他のワンちゃんたちと寝てたそうな。
だから最初は玄関で寝かせて、徐々に外に慣れさせて行ってる感じですね。

しかし、今まで飼ってた犬とは大きく違いほとんど吠えないんだよねこれが。
ちょっと若干その辺は逆に心配ですが今日なんかも雨が降るのを感じたのか珍しく吠えてました。
まぁそのうち嫌でも吠えることになるでしょう。

ちなみに僕は行ってませんが、犬の譲渡後日にシツケ講習会があり、親が参加して基本的なシツケの方法を教えてもらったようです。
子犬の時には兎にも角にも褒めてあげるのが有効だそうな。
そして良いことをした時にすぐエサを与えて、餌付け(聞こえは悪いけど)をしてあげるととくに効果がよいみたいです。
名前を呼んでこっちに来たら褒めてエサ、ご飯の時にもおすわりやおて・おかわりをちゃんとできたらエサな具合に。
あ、噛み癖が出てくるので噛み付いてきたら叱ります。
ただし殴ったり蹴ったりするのはかえって反感を生んでしまうので基本はNGだとか。
今までこんな英才教育(?)をしたことなかったのでちょっと将来は有望かも。(吠えなさすぎな気もするけど)

あと、リンは後ろ足が強いのか、レッサーパンダの楓○君みたいな立つことをよくやります。
そのうち二足歩行で散歩に行きだすかもw

とまぁこんな感じで徐々にうちの環境に適応していってるみたいです。
観察してると飽きませんね。
これからも大事にしてやりたいと思います。