[記事リスト] [メッセージを投稿] [新着記事一括] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿時間:2007/09/06(Thu) 00:44
投稿者名:アイーシャー
Eメール:
URL :
タイトル:Re^5: アッラーの性質

お返事ありがうございます。
日本人はむかしから神、仏だけではなく一神教的な神=天とも共存してきたのかもしれません。生にはおおらかだけれども死を穢れとして嫌う神道には現世の幸福をお願いし、死後の平安はお寺さんにお願いし、そして倫理的な規範は儒教によった。
もし一神教の神は天のようなものならば、天のままでよいではないか。多くの人がきっとそう考えたのが、宣教の失敗の原因なんでしょうね。
もし、倫理をつかさどる天=一神教の神が存在するのなら、その倫理に恥じない生き方をすればよいだけで、特別な儀式とか戒律とか習慣は必要ないのかなと思います。
なんか信仰を持っている人は気を悪くするかもしれませんけど。


以下は関連一覧ツリーです。

このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい。

おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
プレビュー

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -