[リストへもどる]
一 括 購 読

投稿時間:2007/08/31(Fri) 00:48
投稿者名:新米CA
Eメール:
URL :
タイトル:CA達の断食
私は某航空会社の客室乗務員(CA)をしております。日本国内線のみです。
毎日のフライトはだいたい日帰りで、断食の時間内に家に帰って来れますが、目的地にステイ(一泊する)することもあります。この場合、断食はしなければいけないでしょうか?それとも、旅行者扱いになり、免除されるのでしょうか?
すみませんが、いずれムスリムになる夢を見ているこの私によろしく教えてください。

投稿時間:2007/09/13(Thu) 06:17
投稿者名:salam
Eメール:spiderwort77@hotmail.com
URL :
タイトル:Re: CA達の断食
> 私は某航空会社の客室乗務員(CA)をしております。日本国内線のみです。
> 毎日のフライトはだいたい日帰りで、断食の時間内に家に帰って来れますが、目的地にステイ(一泊する)することもあります。この場合、断食はしなければいけないでしょうか?それとも、旅行者扱いになり、免除されるのでしょうか?
> すみませんが、いずれムスリムになる夢を見ているこの私によろしく教えてください。
―――>イスラムの知識をつけようとする行為は大変良いことだと思います。疑問を持つことから勉強が始まりますので、少しでもあなたの知識の足しにしていただけると幸いです。
シャーファイ(学者の一人)では住んでいるところから44KM、75KM、132KM(イスラミックマイルの解釈の違うの為に距離に差があるそうです。)離れたところにいくときは旅行者扱いになり、ラマダンが終わってからその日数分をやり直さないといけない、とありますが、アブハニーファでは132KMとあります。この距離についてはイスラムの寸法により違いがあったり、学者によって違いがあったりします。また、旅行といっても試練の伴わない旅行は断食免除の対象にならないというのもあります。旅行中に断食ができる人はしてもいいですし、できなければしなくても、あとからやり直します。
ラマダン期間は地獄の扉が閉まり、悪がでてこないといわれています。この時期は本当に神聖な月ですので、この時期にイスラムへ入信される方も多くいらっしゃいます。イスラムとは、アッラー(創造者)の存在を知り理解し、アッラー以外に神はなく、預言者モハメッドがかれの最後の預言者であることを信じることです。これを確信をもって口に出して告白するだけで、あなたが導かれる方であれば、それでモスリムになります。これがイスラムの5台柱にあたる、シャハーダ(信仰告白)といいます。礼拝やラマダン、喜捨、巡礼などはその後になります。
インシャアッラー、アッラーがあなたを正しい道へお導きになられますように。アーミン。
Salam

投稿時間:2007/09/04(Tue) 14:50
投稿者名:Inshaa_Allaah_Mumin
Eメール:
URL :http://www.yoyogi-uehara.net
タイトル:Re: CA達の断食
新米CAさん、

こんにちは。

自分の住んでいる場所から90キロ離れかつ2週間以内のステイであれば、旅行者となります。但し、断食は免除ではなく、後で同じ日数で補うことになります。

偉大なAllaahのお許しで、ラマダンに新米ムスリマとして入られることを心よりお祈りします。

お仕事もがんばってください。

ではまた。


> 私は某航空会社の客室乗務員(CA)をしております。日本国内線のみです。
> 毎日のフライトはだいたい日帰りで、断食の時間内に家に帰って来れますが、目的地にステイ(一泊する)することもあります。この場合、断食はしなければいけないでしょうか?それとも、旅行者扱いになり、免除されるのでしょうか?
> すみませんが、いずれムスリムになる夢を見ているこの私によろしく教えてください。

投稿時間:2007/09/04(Tue) 18:59
投稿者名:一ムスリム
Eメール:
URL :
タイトル:Re^2: CA達の断食
斎戒の解除が許可される旅行者は、その日のファジュルの礼拝の時間に遠方の地に既に到着していることが条件となります。ですから、ファジュルの後に出発しても、その日の斎戒は解除が許されません。

また、旅行者である期間については、学者間で諸説ありますので、お好みの見解に従うしかありません。

アッラーフアアラム

投稿時間:2007/09/13(Thu) 12:40
投稿者名:あぶ管理人
Eメール:akira_hamanaka@yahoo.co.jp
URL :
タイトル:Re^3: CA達の断食
> 斎戒の解除が許可される旅行者は、その日のファジュルの礼拝の時間に遠方の地に既に到着していることが条件となります。ですから、ファジュルの後に出発しても、その日の斎戒は解除が許されません。

---------------------
このあとあなたの説明にも諸説と書いていましたが、旅行の斎戒解除も諸説です。

1、ニーヤ(意思表明)で、「あす旅行しますので断食はしません。」としておけば、その旅行日は朝から断食はしないでいい。


2、旅行は自分の住む町を離れて、境界線を越えたとき、断食解除となる。また、日中、旅行から帰り、自分の住む町の境界に入ったとたん、残った時間はイムサークという名目でマグリブまでは、食事も水分も取らない。・・これは私の採用している法学。

などですが。。。。もちろんそのほかにもありです

スチワデスのように飛行機で長距離移動する場合、それも日中往復であれば。。。たとえば、東京から大阪往復便とか、確かにどの法学派に照らし合わせても、旅行といえる距離ですが、これが毎日の仕事となれば別です。同じ日に東京発着が仕事であれば旅行の法には入りません。

投稿時間:2007/09/04(Tue) 19:56
投稿者名:abu abdillah
Eメール:@東海
URL :
タイトル:Re^3: CA達の断食
断食のことを考える前に、入信することを勧めます。

投稿時間:2007/09/06(Thu) 19:18
投稿者名:
Eメール:
URL :
タイトル:Re^4: CA達の断食
> 断食のことを考える前に、入信することを勧めます。

入信する前に調べるのも悪くないと思います。
いつか入信することを心よりお祈り申しあげます。



- Web Forum -